読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パート主婦、マイルを貯めて家族をハワイに連れて行く!

4カ月で12万マイル、1年ちょっとで55万マイル達成。タダでANAマイルと現金を貯めてハワイバカンスを楽しむ方法。

世界一わかりやすい?!ソラチカルートの解説

こんにちは。タイトルには載せていませんが、今回の記事は「タダでハワイに行く準備⑤」ということになりますので、よろしくお願いしま~す。

では、さっそく。

ANAマイラーはみんな使ってるソラチカルートについての説明です。

 

ソラチカ?

ソラ?チカ?

そう、空と地下。

空はANA。地下は東京メトロ(地下鉄)。

そして、この2社とJCBが提携してるクレジットカードの通称が「ソラチカカード」。正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

f:id:mikityanadehawaiiiku:20160306112354p:plain 

このカードの最大のメリットは「メトロポイントを非常に効率よくANAマイルに交換できる」こと。

ん?メトロポイント?

東京の地下鉄なんて乗ることないっ。それなのに、そんなポイントなんて貯まるわけないっしょ(怒)

とお思いのあなた。

ミキティも最初はそう思ってました。

でもね。。。

実は、ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントへ移行できるんです。

こちらの記事で紹介させてもらったドットマネーのこと、覚えてますか?

mairuwotametekazokudehawaii.hatenablog.com

そう、あのドットマネー。

ちょびリッチやモッピーからポイント集約もできるドットマネー。

あのドットマネーで貯めたポイントを直接メトロポイントへと交換できるんです

こちら、ドットマネーが提携している交換先一覧 ↓ ↓ ↓

f:id:mikityanadehawaiiiku:20160306093831p:plain

ちゃんと載ってますね~。メトロポイント。

しかも交換レートは、1マネー=1メトロポイント。等価交換。

f:id:mikityanadehawaiiiku:20160306094325p:plain

「メトロポイントは、東京メトロが提供するポイントサービスです。To Me CARDがあれば、ドットマネーをメトロポイントに交換できます。 」って、ご丁寧な解説まで書かれてます。

To Me CARD ?そんなの知らないよ。

またまたまた~。

最初にお話ししたソラチカカードの正式名称は何でしたっけ?

えっとえっと。ANA To Me CARD PASMO JCB

はい、オッケー!

長い名前の中に、ちゃんとTo Me CARD って入ってますね。

To Me CARD=東京メトロが発行もしくは提携しているカード。 

まずは、おわかり頂けましたか?

ソラチカカードを持っていると、ドットマネーをメトロポイントに交換できる。ってこと。

今はそれがしっかり理解できたら、大丈夫です!

では、続いて第2ラウンド!

 

ねえねえ、ミキティ

わざわざドットマネーをメトロポイントに交換しなくてもよくない?

ドットマネーってTポイントやnanacoポイントにも交換できるんだから、そっちからマイルに移行した方がいいじゃん。

わざわざ新しいクレジットカード作らなくていいしさぁ。そうしよっと。

はい、ブッブー!

もひとつ、ブッブッブー!(-_-)

確かに、ドットマネーからTポイント へ交換し、そこから ANAマイルというルートでもマイル移行は可能です。

ドットマネー ➡ Tポイントの交換レート ↓ ↓ ↓

f:id:mikityanadehawaiiiku:20160306111223p:plain

1マネー=1Pだから、一見問題なさそうですが・・・。

問題は、その先なんです。その先。

TポイントからANAマイルへの交換レート ↓ ↓ ↓(ついでにnanacoも)

f:id:mikityanadehawaiiiku:20160306111938p:plain

交換レートは50%ですね。

例)ドットマネー1,000p ➡ Tポイント1,000p ➡ 500ANAマイル

半分かぁ。半分・・・。

ま、ないよりいいけど・・・。

で、メトロのレートは?

こちらの表の、メトロ ➡ ANAの部分を見て下さい。

な、な、なんと、交換レート90%!!!

うひょひょ~♪

例)ドットマネー1,000p ➡ メトロポイント1,000p ➡ ANA900マイル

Tポイントやnanacoからマイルにすると半分に減っちゃうのに、メトロは90%を維持!!!

そうです、そうなんです。

すごいですね~。

ドットマネーで貯まった50,000pをマイルにすると

(ソラチカルートの場合)ドットマネー50,000p ➡ メトロ50,000p➡45,000マイル

(Tポイントルートの場合)ドットマネー50,000p ➡Tポイント50,000p➡25,000マイル

その差、20,000マイル!

おわかり頂けましたか?

このようにソラチカカードを通して驚異の交換率を達成できる裏技ルートのことをソラチカルートと呼ぶんですね。

ソラチカルート

f:id:mikityanadehawaiiiku:20160306184716g:plain

 実は、このソラチカルート、王道はドットマネーではなくポイント交換サイト PEXを経由するもので、現在も多くのマイラーさんがPEXソラチカルートを愛用されてます。

ドットマネー版ソラチカルートが確立されてまだ4ヶ月、ドットマネーには有効期限がある、PEXの方が提携ポイントサイトが多い、ということなどでPEXを利用されている方が多いのかなぁと思います。

でも、ミキティのおすすめは、やっぱりドットマネーを最大活用するルート。

PEXが悪いわけじゃないんですョ。ただ、PEXはメトロへの交換が一時停止されたりと・・・ちょっぴり不安。ミキティ、心配性なんだワン。

ドットマネーは、amebaの会社が運営してるということでミキティ的には何だか安心しちゃってます。

そして、初心者マイラーの方にドットマネー版ソラチカルートをおすすめする本当の理由。

複数ポイントサイトに登録せずとも、とりあずドットマネーだけ登録すればソラチカルートを使ってきっちりマイルを貯められるから。」なのだ~。

高額案件がバンバンあって、ソラチカルートが使えて、安心なサイトってなると、やっぱりドットマネー。とりあえずここだけ登録して、陸マイラーをはじめてみたら、ソラチカルートで高額マイルゲットの体験ができるって訳です。

s.point.amebame.com

でも、まあ、ドットマネーかPEXか、最終的にはアレですね、アレ。そう、好みの問題です(・・・ガクッ)

両方使うのもアリだしね(笑)

 

いや~、それにしてもソラチカルートって、ほんと最高。

ソラチカルートってデメリットないの?

・・・あるよ。ドットマネーでもPEXでもどっち経由でもあるよ (T_T)

 というわけで、次回はソラチカルートのデメリット&対策のお話です。

 

mairuwotametekazokudehawaii.hatenablog.com

 

 こちら、ドットマネーを最大限活用したお得な方法をご紹介 ↓ ↓ ↓

mairuwotametekazokudehawaii.hatenablog.com